ブログに書き留める

誰でも起こりうる話だと思うのですが、勉強した内容や心に響いたことなどは、時間が経過したり暫く使わなかったりすると、大抵の場合忘れてしまいますよね。

僕の場合、心に響くような情報を仕入れた時は、忘れないようにメモ用紙やメモアプリに書き留めるようにしてました。

ですが、書いたメモが中々読み返されずにそのままずっと放置されて、暫く経った後に見返してみると、当時と違って心が響かなくなってしまっている事があるので、結局ゴミになってしまう、というようなことが多々ありました。

どうしてこのようなメモを残しておいたのか、ということも忘れている事がありますw

そして、書いたメモというのは重要なんじゃないかと思い込んでしまい、中々捨てられなくなってしまいます。

こういうこともあって、現在ではブログに書き留めるように移行しました。

今回は、メモに残しておきたい内容をブログに書き留める理由についてお話ししたいと思います。

メリット

重要性を再認識できる

メモに残すということは、自分がそれほど重要だと感じたから行ったんだと思います。

ですが、書いたメモは他人に見られる事が殆どないので、自分が理解できればどんな書き方でも大丈夫なところがあります。

なので、内容を端折って書いてしまったりすることもよくあるかと思います。

ですが、暫く時間が経ってから見返してみると、何故メモにしてまで残したのか、経緯を思い出すことができません。

その反面、ブログの場合はWebで公開されることになるので、他人に見られるという意識を持って文章の構成を考えて書くようになります。

そうすると、内容を書き留めた経緯や自分の考えなど、ある程度詳細に内容を記述するようになるので、メモの重要性を再確認しやすくなるかと思っています。

内容を整理する癖が付く

ブログに書いた内容はWebに公開されるので、人に見られるという意識を持って文章の構成を考えるようになります。

そうすると、ある程度内容を体系的に整理してから文章に起こさねばという考えになるので、自然と内容を整理する癖を付けることができます。

そして、ライティングのスキルを磨くことにも繋がってくるかと思います。

PCやスマホがあればいつでも参照できる

メモをブログに書き留めておくことで、メモを書き留めた媒体を所持しなくとも、PCやスマホがあればいつでも参照することができます。

細かい話にはなりますが、最悪自分のPCやスマホがなくとも、ネット回線とブラウザさえあれば参照できますw

まとめ

今回は、メモをブログに書き留める理由についてお話ししました。

メモをブログに書き留めるメリットは、

  • 重要性を再認識できる
  • 内容を整理する癖が付く
  • PCやスマホがあればいつでも参照できる

でした。

ブログに書き留めておけば、書いた内容はずっと残せておけるので、メモ代わりにもなります。

また、ブログを書く事で内容の整理も同時に行えるので、アウトプットには最適のツールだなと思います。

是非、ブログを活用してみましょう。

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA