主体性を持つ

以前勤めていた会社では、仕事に対してのモチベーションがありませんでした。

恐らく、自身の理想のキャリア像を持たないまま仕事を行っていたからだと思います。

仮に自分の目指すキャリアのビジョンが浮かんでいたとして、仕事でどういった行動をすれば良いのでしょうか?

その一つとして、主体的に仕事に取り組むことが挙げられます。

今回は、何事にも主体性を持って取り組んだ方が良いのは何故か、ということについてお話ししたいと思います。

メリット

経験が積める

例えば、勤め先でスタッフの皆が嫌がりそうな責任のある仕事を、自分が引き受けるとします。

すると、様々な壁が立ち塞がり、簡単には乗り越えられないようなものが自身に少なからず降りかかってきます。

それに対して一つずつ立ち向かっていくことによって、経験を積む事ができます。

経験は、今後あらゆる場面で応用することができるのでとても貴重なものとなります。

もし失敗したとしても、フィードバックを受け、どこがいけなかったのか分析して改善することができるので、自身の成長にも繋がります。

チャンスが生まれる

自分から行動することによって、自分にとってプラスとなるような出来事が発生するかもしれません。

例えば、友達から合コンに参加してみないかと誘われたけど、人とワイワイするのが苦手だし、自分は相手にされないだろうし、どうしようか迷っていたけど、思い切って参加したとします。

そして合コンに参加した結果、思っていたよりも楽しく過ごせ、しかも異性の人と連絡先を交換するほど仲良くすることができた。

という展開も案外あったりするので、やってみないと分からないことはよくあります。

周りから信頼される

主体的な行動をすると、周りからの信頼度も変わるかと思います。

例えば、仕事で毎日同じ手順を行う業務があるとします。

それに対して自分から業務の自動化を提案し、面倒ではありますが業務改善を実施します。

すると、周りの人たちの見る目が変わっていき、一目置かれ、頼りにされるようになります。

実践方法

自分から進んで行動する

まずは、体を慣らしていくためにも簡単なことからでも良いので、自分から進んで行動してみましょう。

数をこなしていく内に、必ず成長していけます!

自信を持つ

自信がなければ、初めの一歩を踏むことすらできません。

強気の心を持って挑んでみましょう。

自信が足りないなと感じているのであれば、小さな成功体験をどんどん積んで、自信を付けていくことを心掛けてみて下さい。

前向きに考える

もし失敗してしまったらどうしようとか、ネガティブなことを考えてしまうと、行動を躊躇ってしまって、中々行動に移せなくなって非常にもったいないです。

もし失敗したとしても、何がダメだったのかを考えるきっかけを受けられるので、勉強となって自身を成長させます。

なので、失敗を恐れずに挑戦する姿勢を持ちましょう。

まとめ

今回は、主体性を持って取り組む意義についてご紹介しました。

  • 経験が積める
  • チャンスが生まれる
  • 周りから信頼される

でした。

主体的に行動すると、何かしら大変な思いをすることがあるかと思います。

ですが、それ以上の見返りがある可能性もあるので、ここは一つ積極的に行動してみてはいかがでしょうか。

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA