僕が現在利用しているテキストエディタはVimというものを利用しています。

以前は利用するエディタにこだわりは無かったのですが、会社の先輩プログラマーが利用しているのを拝見したのがきっかけで使い始めるようになりました。

Vimは高性能過ぎるエディタでもあるので、実際にはまだまだ使いこなせている感じはしていません。

Vimは個人的に優れている部分が多いかなと思えますし、今後コマンドなどもさらに習得していって、もっと便利に扱えていけるのではないかと期待しているので未だ使い続けている次第ですw

今回は、このVimというエディターについて内容をまとめておきたいなと思います。

Vimとは

Vimは、Viと呼ばれる高性能なテキストエディタの拡張版です。

特徴としては、コマンドによる操作方法でテキストを編集する機能などがあります。

このおかげで、マウスを使うことなくキーボードから手を離さずテキスト編集がほぼ完結してしまいます。

Vimには根強いファンのユーザーがいて、そういう人達はVimmerと呼ばれていたりもしますね。

メリット

  • 操作にさえ慣れてしまえば効率よく編集が可能
  • 自由自在にカスタマイズが可能

個人的に一番のメリットと感じる部分は、マウスを使わなくてもキーボード操作だけで編集ができてしまうところですかね。

あとVimのエディタは自分が使いやすいよう、機能追加やレイアウトなどのカスタマイズをすることも可能です。

デメリット

  • 高性能過ぎて習得までが大変
  • カスタマイズの難易度が高い

Vimには沢山のコマンドがあるので習得するのは大変ですが、使っていく内に徐々にコマンドなどを習得していけるかと思います。

覚えるのが労力なのであれば、最低限のコマンドさえ習得すれば問題なくVimを活用することは可能なのでそれでも良いかと思います。

あと、Vimのカスタマイズも一から自分で実装するのは敷居が高いです。

ですが、ありがたいことに簡単にカスタマイズできるようVim専用のプラグインを作って下さっている方もいるので、初心者の間はプラグインを導入して利用してみるのもありですね。

コマンド一覧

移動系

コマンド



h
j
k
l
ページ先頭
ページ末尾
gg
G
行頭
行末
0
$
単語毎(右)
単語毎(左)
w
b

テキスト操作

コマンド
行コピーyy
貼り付けp
行頭にタブ追加>>

挿入モード

コマンド
挿入モードi
挿入モード(一つ次の行へカーソル移動)o
挿入モード(一つ前の行へカーソル移動)O
挿入モード(一文字消す)s

ビジュアルモード

コマンド
ビジュアルモードv
ビジュアルモード(ライン)V
ビジュアルモード(ブロック)Ctrl + v

モード解除

コマンド
モード解除Ctrl + [

画面分割

コマンド
縦分割:vsplit
画面移動(右)Ctrl + w + l

更新日 : 2020年8月26日

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA