Railsアプリを開発する際に良くbundlerを利用していますが、最初は訳がわからず一体どういったものなのかがイメージしづらかったです。

現在は大体内容も掴めてきたので、しっかりとbundlerについて整理しておこうかと思います。

bundlerとは

プロジェクト毎にgemを管理できるようにするためのもの。

パッケージ管理システムみたいな立ち位置ですが、一応gemの一種です。

bundlerを利用せずRubyGemsでgemを管理しても良いのですが、bundlerを利用することでよりgemの管理がしやすくなります。

bundlerには、以下の二つの設定ファイルが利用されます。

  • Gemfile : インストールするgemとバージョン情報を設定。
  • Gemfile.lock : Gemfileで設定したgemとの依存関係のあるgem情報を設定。Gemfile.lockファイルは、Gemfileファイルの設定に従って自動的に設定される。

利用方法

まずはbundlerを利用できるように初期化を行います。

以下のコマンドを実行するとGemfileが生成されます。

$ bundle init

Gemfileにインストールしたいgemを記述していきます。

記述が済んだら以下のコマンドを実行してgemをインストールします。

$ bundle

この時点で、Gemfileに基づいてGemfile.lockファイルが自動的に生成されます。

インストールしたgemは、以下のコマンドで実行することができます。

$ bundle exec [gemコマンド]

その他コマンド

Gemのバージョン更新

$ bundle update

gemの最新バージョンの有無確認

$ bundle outdated

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA