RSpecのテストコードで使用できるcontext構文についての解説となります。

context構文とは

テストコードの内容を分別したり整理するための構文です。

主に、テストケースの状態によって内容を整理したい場合に使用します。

例えば、「検索がヒットした場合」「検索が一件もヒットしない場合」などの状態でテストケースを分類します。

このように適切な使い方をすれば、テストコードの可読性が上がり読みやすくなります。

しかし、describe構文と同様に自由に構文を入れることができるので、統一性がないと返って混乱を招く恐れがあります。

なので、構文の役割をしっかり意識して使用するようにしましょう。

書き方

contextキーワードの後に文字列を指定できるので、そこに分かりやすい内容を記述します。

その後に続くdo〜endのブロック内にテスト内容を書き入れていきます。

Rspec.describe User do
  context '検索がヒットした場合' do
  .
  .
  .
  end

  context '検索が一件もヒットしない場合' do
  .
  .
  .
  end
end

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA