Railsアプリを開発して、ユーザーに利用してもらいたい場合はWebにアプリを公開する必要があります。

今回は、Herokuを利用したRailsアプリの公開方法をご紹介したいと思います。

Herokuとは

開発を行ったWebアプリケーションを公開するためにWebサーバーを事前に用意(OSやDBなどの構築)したり、アプリをデプロイする必要があります。

その工程を補ってくれるWebサービスの一つとしてHerokuがあります。

Herokuを利用することでWebサーバーを自分で用意する必要がなく、しかも簡単にアプリケーションをデプロイすることができます。

ある程度制限はありますが、基本は無料で利用することができます。

Git導入

Herokuへアプリケーションをデプロイするために、Gitを導入しておく必要があります。

Gitを導入したら、公開したいWebアプリケーションのバージョンをmasterブランチにコミットしておきましょう。

Herokuのユーザー登録

Herokuを利用するために、Heroku公式ページにてユーザー登録を済ませておく必要があります。

Railsアプリのアップロード方法

RailsアプリとHerokuを紐付ける

まずはRailsアプリとHerokuを紐付ける作業を行うので、ターミナルで以下のコマンドを実行します。

$ heroku create [アプリ名]

この作業はアプリケーション毎に初回のみ実行します。

アプリ名の部分を省略すると自動的に名前が割り振られます。

Herokuへデプロイ

masterブランチのバージョンをHerokuへデプロイします。

以下のコマンドを実行することでHerokuへデプロイすることができます。

$ git push heroku master

これでWebサービスが公開された状態になりました。

DBのマイグレート

Webサービスは公開状態にはなりましたが、デプロイ先のDBが最新の状態になっていないことがあります。

Railsの開発中にも行っていたマイグレーションをデプロイした側で実行し、DBを最新の状態にします。

$ heroku run rails db:migrate

「$ heroku run 〜」コマンドでHeroku内で特定のコマンドを実行することができます。

基本的にはこれでWebサービスが正しく動作するかと思います。

その他コマンド

ログの確認

$ heroku logs

Herokuのバージョンの確認

$ heroku --version

環境変数の確認

$ heroku config

サーバーの再起動

$ heroku restart --app [アプリ名]

更新日 : 2020年10月7日

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA