僕はパッケージ管理システムにMacPortsやHomebrewを利用しています。

ですがたまにしかMacPortsを利用しないので、どういったコマンドがあったのか忘れている時が多々あります。

今回は、その中の一つのMacPortsについて内容をまとめていこうかと思います。

MacPortsとは

アプリ開発をしていると、開発に必要な外部のライブラリを導入しなければならないことが多々あります。

そういったライブラリを一元管理するためのものをパッケージ管理システムと言います。

そのパッケージ管理システムに該当するソフトが幾つか公開されていますが、その内の一つがMacPortsとなります。

Homebrewというパッケージ管理システムも存在しますが、用途は同じなので好みに合わせて使い分けてみると良いかもです。

コマンド一覧

デフォルトでは、ルート権限を持たない状態だとコマンドを実行できない場合があります。

その場合、コマンドを実行する際はルート権限で実行するための「sudo」コマンドを含める必要があります。

MacPortsを最新バージョンに更新

$ port selfupdate

インストール済みパッケージを一覧表示

$ port installed

パッケージのインストール

$ port install [パッケージ名]

パッケージのアンインストール

$ port uninstall [パッケージ名]

インストール可能なパッケージの検索

$ port search [パッケージ名]

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA