前回までに、GitHubのアカウント登録〜Gitの導入まで準備ができました。

今回は、GitHubのリモートリポジトリにアクセスできるようにするためにSSH接続の準備を行っていきます。

秘密鍵・公開鍵の生成

ターミナルを開いて、カレントディレクトリを移動させます。

$ cd ~/.ssh

そして、以下のコマンドを実行してペアの鍵を生成します。

$ ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/Users/ユーザ名/.ssh/id_rsa):

-t : 鍵の種類を設定する(今回はRSA方式)

この場合「id_rsa」という名前の鍵を生成しますが、このタイミングで名前を変更することができます。

変更したい名前を入力してエンターキーを押します。

何も変更がなければそのままエンターキーを押します。

Enter passphrase (empty for no passphrase):

設定したいパスフレーズを入力してエンターキーを押します。

Enter same passphrase again:

確認のため、もう一度パスフレーズを入力してエンターキーを押します。

すると、カレントディレクトリにペアの鍵が作成されました。

  • id_rsa : 秘密鍵
  • id_rsa.pub : 公開鍵

GitHubへ公開鍵を登録

続いて、GitHubにログインして管理ページを開きます。

右上のユーザアイコンをクリックし、プルダウンメニューの「Settings」をクリックして設定画面を開きます。

左側メニューの「SSH and GPG keys」をクリックします。

「New SSH key」をクリックして、SSH用の鍵の設定画面を開きます。

「Title」に公開鍵の名前を入力します。

そして公開鍵のファイルをテキストエディタで開き、内容を全選択コピーして「Key」に貼り付けます。

全て入力が完了したら「Add SSH key」をクリックします。

これで、GitHubに公開鍵の登録が完了しました。

SSH設定ファイルの編集

configファイル(SSHに関する設定ファイル)にGitHubへの接続に関する情報を設定するため、以下の内容を記述します。

Host github
HostName github.com
User git
IdentityFile ~/.ssh/id_rsa

設定項目の意味はこちらの記事を参考にしてみてください。

SSH接続の確認

先ほど設定した独自の接続用のコマンドを実行して接続できるか試してみます。

$ ssh github
Hi [ユーザ名]! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.

上記のように表示されたら、GitHubへの接続に成功しているのでオッケーです。

まとめ

GitHubにSSH接続する方法を解説しました。

これにて、GitHubのリモートリポジトリにアクセスすることが可能になりました。

少し長かったですが、次回からは実際にGitHubの基本操作について解説したいと思います。

更新日 : 2019年6月20日

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA