前回までにGitHubのアカウント登録・Gitのインストール・GitHubのSSH接続までを行いました。

今回からは実際にGitHubを利用した基本的な流れをご紹介していきたいと思います。

リモートリポジトリの作成

まずはリモートリポジトリを作成します。

GitHubの管理画面を開き、トップページ左側の「Repositories」の「New」をクリックし、リモートリポジトリを作成するページを開きます。

リモートリポジトリの設定を行います。

  • Repository name : 任意のリモートリポジトリの名前を入力する。
  • Public / Private : リモートリポジトリの公開・非公開を選択します。

入力などが完了したら「Create repository」をクリックします。

これでリモートリポジトリの作成が完了し、作成したリモートリポジトリの管理ページが開きます。

この後にリモートリポジトリをクローンする作業が控えているので、ページ内にある「Clone or download」→「Use SSH」をクリックし、表示されているSSH接続用のURLをコピーしておきます。

リモートリポジトリをクローン

次に、先ほど作成したリモートリポジトリをクローンしたいと思います。

ターミナルを開き、リモートリポジトリをクローンしたいフォルダにカレントディレクトリを移動させます。

そして、以下のコマンドを実行してリモートリポジトリをクローンします(先ほどコピーしたURLを、「$ git clone 」の後にペーストします)。

$ git clone git@github.com:[ユーザ名]/[先ほど作成したリポジトリの名前].git

上手くいけばここでクローンされるのですが、僕の場合ここでエラーが発生してしまいました。

Cloning into 'sample'...
git@github.com: Permission denied (publickey).
fatal: Could not read from remote repository.

Please make sure you have the correct access rights
and the repository exists.

解決策として、以下のコマンドを実行してみました。

$ ssh-add ~/.ssh/id_rsa

認証エージェントに鍵を追加することで、パスフレーズの入力が省略できるようです。

ただその場合セキュリティ的に良くないため、別の解決策をとりたいと思います。

認証エージェントに追加している鍵は一つだったので、以下のコマンドで全ての鍵を削除するコマンドを実行しました。

$ ssh-add -D

次に、SSHの設定ファイルを以下のように修正します。

Host github.com
User git
IdentityFile ~/.ssh/id_rsa

そして再度クローンを行なった結果、パスフレーズの入力後にリモートリポジトリをクローンすることができました。

更新作業

試しにクローンしたローカルリポジトリに対して更新作業を行ってみます。

ローカルリポジトリに「test.txt」という名前のテキストファイルを作成し、適当に内容を記述しました。

Gitのaddコマンドでステージングを行います。

$ git add test.txt

次に、Gitのcommitコマンドでステージングされた内容をローカルリポジトリにコミットします。

$ git commit -m ‘test commit.’

-m : 続けてコメントを入力することができる。

これで、ローカルリポジトリに変更履歴が追加されました。

リモートリポジトリへプッシュ

では、リモートリポジトリに更新内容を送信します。

Gitのpushコマンドを実行します。

$ git push

これで、リモートリポジトリにローカルリポジトリの更新内容が反映されました。

コミット履歴の参照

更新履歴がリモートリポジトリに正しく反映されているかを確認してみます。

GitHubの管理画面を開き、トップ画面の左側にリモートリポジトリ名が書かれたリンクがあるのでクリックし、リモートリポジトリの管理ページを開きます。

先ほど追加したテキストファイルが表示されており、リモートリポジトリが反映されていることが確認できました。

追加したファイルをクリックしてみます。

すると、ファイルの内容を確認することもできます。

まとめ

GitHubの基本操作について解説しました。

GitHubを利用することで、簡単にリポジトリを共有することが可能になりますし、コミット履歴などグラフィカルにリポジトリの状態を見ることもできます。

プログラマー界隈では既に浸透しているWebサービスだと思うので、この機会に是非利用してみてはいかがでしょうか。

更新日 : 2019年6月20日

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA