Gitにはブランチ(枝)という概念があります。

個人で開発されている場合であれば、ブランチを利用しなくとも開発はできなくはないのですが、複数人での開発の場合は利用が必須の場合が殆どです。

最初は取っつきにくいものですが、知っておくと便利なものなので覚えておいて損はないと思います。

今回は、Gitのブランチの操作についてまとめておきたいと思います。

現在のブランチの確認

現在どんなブランチが存在するのかを確認したい場合、以下のコマンドを実行することで確認することができます。

ローカルのブランチ
$ git branch

リモートのブランチ
$ git branch --remote

ブランチの作成

以下のコマンドを実行することで、新たにブランチを作成することができます。

$ git branch [ブランチ名]

このままではブランチが作成されただけで、ブランチに移動できていません。

ブランチを移動する場合は、checkoutコマンドを実行します。

$ git checkout [ブランチ名]

ブランチの削除

ブランチを削除したい場合、branchコマンドに続けて–deleteオプションを付けて実行することでブランチを削除することができます。

$ git branch --delete [ブランチ名]

マージ

現在のブランチに取り込みたいブランチを指定する場合、mergeコマンドを実行します。

$ git merge [ブランチ名]

[おまけ]ブランチ名について

僕が実際に使用しているブランチ名の命名規則について紹介しておきたいと思います。

masterブランチ

リリース用のブランチです。

なので、このブランチは正式なバージョンで動作することが保証されているので、作業中のものは一切含めたりはしません。

devブランチ

開発中のバージョンのブランチです。

開発中のシステムがまだ正常に動作することが保証されていない可能性のあるブランチで、機能が一通り実装できたものをどんどんdevブランチに追加していきます。

devブランチのバージョンで問題無く動作することが確認できたらmasterブランチへマージします。

workブランチ

一部の機能を実装中のブランチです。

機能が一通り実装できたらdevブランチへマージします。

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA