ビジョンボードを作ろう

ビジョンボードを作成したのは良いのですが、作り始めた頃と比べて段々とビジョンボードをあまり眺めなくなったりと上手く活用できていない事が気になり出しました。

ここでもう一度ビジョンボードに関する意義や活用方法についてしっかりとおさらいしておこうと思い、今回まとめることにしました。

ビジョンボードとは

自分が叶えたい夢のイメージの画像やイラスト素材の寄せ集め(コラージュ)となります。

文章などで書く手段(夢100リストなど)もあるにはあるのですが、ビジョンボードの方が視覚的にイメージしやすいです。

ビジョンボードを活用することで、内容を自身の潜在意識に刷り込ませていくことができるので、結果的に夢が叶いやすくなります。

また、自身の夢や実現したいことなどがハッキリとあらわれます。

もちろんビジョンボードを眺めているだけでは効果がありません。

ビジョンボードの内容を実際に体験していることをイメージすることが重要になります。

潜在意識とは

意識には、顕在意識と潜在意識の二種類が存在します。

顕在意識は自身で意識することができる意識で、潜在意識は自身で意識することができない意識(無意識)を指します。

潜在意識は自身の価値観や信念が刻み込まれていて、人は無意識にこの潜在意識を基に物事に対して判断や行動を行っています。

なので、自分が叶えたい夢のイメージを潜在意識に刷り込ませることにより、夢の実現に向かって判断や行動を行うようになります。

作り方

作り方は色々ありますが、代表的なものといえばコルクボードに写真やイラストをピンで留めたりして作ることですかね。

要は叶えたい夢のイメージが視覚化できていればOKなので、僕の場合は手帳のリフィル として活用しています。

実際に僕が行っている方法は以下のような手順で作りました。

  1. PCの画像加工ソフトなどで画像を並べる。
  2. 作成した画像をプリントアウトする。
  3. プリントされている画像をハサミで一つずつ切り抜く。
  4. 切り抜いた紙を無地のフィリルに貼り付ける。

ポイントとしては、なるべく隙間なく画面いっぱいに貼り付けること。

そして、コラージュ素材は眺めていてワクワクするようなものを選ぶと良いかと思います。

活用方法

ビジョンボードは、なるべく毎日眺められるような場所に置いておくのが効果的です。

毎日眺めることで夢に対する意識も高められるし、潜在意識に刷り込ませていくこともできます。

僕の場合は、毎日目を通せるように手帳の先頭のページにビジョンボードを挟んで、注意を向けられるようにしています。

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA