一日の計画について

僕は、毎日その日に行うタスクなどを決めて計画を立てています。

ですが、毎日やっていると、計画を立てることが段々と作業的になってしまいます。

そして、何のために計画を立てているのかさえも忘れてしまうようになります。

計画を立てることが作業的になってしまっている場合は、何のために計画を立てているのか常に意識している必要があります。

そして、計画の立て方も、自分のスタイルに合わせて行う方が効果的です。

今回は、僕が計画を立てる際に意識していることや、計画の立て方などをご紹介したいと思います。

計画を立てる意義

目標に向かって進むことができる

計画は、目標を達成させるために行うものです。

行き当たりばったりで行動していては、目標に向かって効率よく進むことができません。

計画した上で行動することによって、目標へと着実に進むことができます。

目標を意識できる

計画は、目標を軸にして立てていくので、毎日計画を立てていれば目標を意識する習慣を身につけることができます。

そのためにも、計画を立てる際は目標を再確認する必要があります。

アイデアが浮かぶ

行き当たりばったりで行動するよりも、計画を立てて試行錯誤していれば、いろんなアイデアが浮かぶこともあります。

例えば、資格試験を控えていて、とりあえずその日はテキストを読む予定でいたけど、試験日を確認してみたら近づいていると気づいたので、「そろそろ問題集に取り掛かった方が良いかな?」という案が思いついたりと、冷静に判断できるきっかけができます。

計画を立てるポイント

一つ上の階層の計画を参考に計画を立てる

僕の場合、「一日の計画」の上層の計画は「一ヶ月計画」となっており、さらに上には「一年計画」、「10年計画」と続いています。

なのでこの場合、「一日の計画」は「一ヶ月計画」を参考に計画を立てます。

一ヶ月計画の目標を達成するために、一日の計画ではどういったタスクを実行すれば良いのか考えます。

タスクを行う理由も考える

計画で決めたタスクに対して、なぜこのタスクを行う必要があるのか、理由を考えます。

そうすることで、本当に実行しなければならないタスクかどうか判断の材料になります。

タスクの優先順位を付ける

タスクを実行する順序を決めます。

目標へ最も近づくであろうタスクはどれか、見定めて優先順位を決めましょう。

この場合、タスクに優先順位の数字を割り振ると良いかと思います。

まとめ

今回は、一日の計画についてご紹介しました。

計画を立てることのメリットを意識し、自分にとって効果的なやり方でしっかり進めていけば、計画も有意義なものとなります。

夢を実現するためにも、しっかりと計画を練って行動して参りましょう。

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA