夢リストを作ろう

僕の場合手帳を購入してから夢リストを手帳に作成するようになり、手帳に挟んでおいていつでも目を通せる状態にしています。

ところが、夢リストを作成したのは良いとして、ビジョンボードと同じく日が経つに連れて段々と目を通す事が少なくなってしまいました。

夢リストについて意義をしっかりと確認しておいて、重要なことであると認識して活用できるようにしたいと思います。

夢100リストとは

自分が叶えたい夢の内容を箇条書きで100項目記載したリストです。

リストを作成することで、自分のやりたい事や実現したい事などの自分の本音がハッキリと見えてきます。

そしてリストを繰り返し眺めることで、自分の叶えたい夢について注意を向けていく事ができ、最終的に行動へと繋げていくことができます。

叶えたい内容に関しては難しく考えず、短期間で実現可能な内容でも問題ありません。

作成方法

作り方は簡単で、自分が叶えたい内容をイメージしたものを文章に落とし込み、これを箇条書きで100項目紙に記していくだけとなります。

活用方法

良く見える場所に

ビジョンボードと同じように、毎日目を通せるような場所に保管しておきます。

そうすることで毎日夢に対して意識を向けられるようになり、潜在意識に刷り込ませる事ができます。

具体的に書く

夢を鮮明に想像できるようにするために、なるべくなら内容を具体的に書いた方が良いでしょう。

例えば、叶えたい夢に対して期限を設けたりとかですね。

叶ったものとして書く

リストを眺めて夢が達成したことをイメージし、その時の感情を味わう事が大事なポイントとなります。

なので、リストの内容の文章も達成した事のように書くようにします。

そうすることで、内容を読んだ時に達成しているイメージがすんなりと思い描けるようになるでしょう。

カテゴリ別に内容を分ける

リストが100項目ということもあり、特定の内容を探し出すのが少し面倒になります。

例えば、リストに追加する内容が既に書かれているかどうかを確認する場合などですね。

なので、内容にカテゴリを設けて整理しておくことで、ある程度検索がしやすくなったりします。

達成した内容は削除

リストの中で実際に達成した内容に対して、達成したことが分かるようにリストから削除したり印を付けます。

リストを更新して100項目足りなければ、100項目になるように項目を追加して調整します。

定期的にメンテする

自身が思い描いている夢は日々更新されていくものです。

それに伴い、夢リストの内容も更新していく必要があります。

夢が新しく思いついたり既存の内容を修正したい場合は、その都度リストを更新しましょう。

更新日 : 2020年8月24日

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA