手帳の選び方

僕は普段手帳を使っているのですが、手帳を使い始めたいなと思った時に、どういった手帳を選べば良いのか分からないかと思います。

通常はしばらく手帳を使ってみて、やっとどういったものが使いやすいのかが徐々に分かってくるものだと思われます。

そこで今回は、自分なりの手帳の選び方について色々とシェアしていきたいと思います。

どんな理由で今の手帳を選んだのか、参考にしていただければ幸いです。

システム手帳

手帳には、綴じ手帳・システム手帳とありますが、個人的にはシステム手帳がオススメかなと思います。

システム手帳であれば、部分的にリフィルの取り外しが行えたり、残しておきたいリフィルなどはそのまま活用できるので、リフィルの整理がとても行いやすいのがメリット。

使い回したいリフィルは、例えばビジョンボード・価値観が記入されているリフィルなどは書き直すことはそうそう無いので、ずっと使い回せた方が良いです。

リングの数は6穴

リングの数も種類がいくつかありますが、6穴に対応している商品の方がわりかし多いイメージがあるので、汎用性の高い6穴がオススメだと思います。

大きさはA5サイズ

結構な量を書き込められるA5などの大きめのサイズがオススメです。

ただ、コンパクトなサイズであれば持ち運びに向いているので、普段の生活に合ったものを選ぶと良いかと思います。

こちらは僕も悩むところでもあり、今現在も大きいサイズか小さいサイズのものを持とうか悩んでおり検討中です。

カバーの素材は高級感あるもの

やはり高級感のある良い素材のカバーを使用していると、気分が高まるしワクワク感が増します。

このワクワク感が意外と重要で、この効果で手帳を活用しよう・絶対に使いこなせるようにするぞ、という気持ちが大きくなり習慣化しやすくさせる要因になるかと思います。

こちらも幾つか種類がありますが、個人的には革製素材の方が高級感がありますし手触りも良いので、使っていて気持ちが良いと思ったものを選んでます。

まとめ

個人的な手帳を選ぶ際のポイントとして簡単にまとめますと、

  • システム手帳
  • リングの数は6穴
  • 大きさはA5サイズ
  • カバーの素材は高級感あるもの

となります。

一人一人自分に合った手帳というものはそれぞれ違ってくるかと思います。

手帳に興味を持った方がいましたら、是非今回の内容を参考にしてみて下さい。

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA