WordPressで作成した記事のカテゴリーとタグはどう使い分ければ良いのでしょうか?

カテゴリーは問題なく設定が出来ている方は多いかと思いますが、もしかしたらタグの方は上手く活用できている方は少ないのではないでしょうか。

今回は、記事のカテゴリーとタグの違いについて解説していきたいと思います

共通部分

カテゴリーとタグは、共に記事のグルーピングとして機能します。

記事に設定したカテゴリーやタグは、まとめて一覧として記事を表示させることができます。

なので、読者さんが目的の記事を見つけやすくするのに役に立ちます。

カテゴリー

記事を大まかにグルーピングしたい場合にカテゴリーを利用します。

例えば、僕のサイトではブログ・プログラミングに関する内容を発信していきたいと考えているので、カテゴリーには「ブログ」や「プログラミング」といったようなカテゴリーとなります。

タグとは違い、階層を持っています。

カテゴリーから更に分割できそうであれば、子カテゴリーを設定するのも良いかと思います。

タグ

記事の中でメインとなっているワードをタグに設定します。

ただし、カテゴリーとタグのワードが被ってしまうと意味がないので気をつけて設定しましょう。

あと、一つの記事に沢山のタグを付けすぎないようにも気をつけましょう。

タグはカテゴリーと違い、階層を持ちません。

まとめ

WordPressで作成した記事のカテゴリーやタグの違いについて解説しました。

カテゴリーには記事のおおまかなグループ名となるワードを定義し、タグには記事の内容でメインとなるワードを定義します。

予めカテゴリーとタグの付け方を決めておくことで、ある程度は設定しなおしの発生を防ぐことができます。

なので、しっかりとルールを決めておいてカテゴリーとタグを設定するようにしましょう。

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA