WordPressには、「スラッグ」というものがあり、SEO対策にも絡んでくる要素となっております。

今回は、スラッグについて解説していきたいと思います。

スラッグとは

スラッグ(Slug)とは、記事に付ける名前のようなものです。

以前パーマリンク設定に関する記事で、記事のURLを「カテゴリー名/記事名」形式に設定を行いました。

http://サイト名/カテゴリー名/記事名/

このURLの「記事名」に当たる部分に、設定したスラッグが表示されるようになります。

デフォルトでは、記事のタイトルがそのままスラッグとして設定されます。

もし、スラッグに日本語が含まれていると、URLエンコーディングによって日本語の部分が意味不明な文字列に変換されて表示されてしまいます。

そのようなURLを見ても、どういった記事の内容なのか想像ができないので、ユーザから見て分かりづらいのものですし、Googleからの評価も下がってしまう可能性もあります。

なので、基本的にスラッグには英数字とハイフンを用いて設定を行うようにします。

スラッグは、なるべく短く・分かりやすく・シンプルに設定するようにしましょう。

設定方法

そして、肝心のスラッグの設定方法ですが、記事の編集ページにて簡単に設定が行えます。

まず、管理ページ左側メニューの「投稿」→「投稿一覧」をクリックし、投稿一覧ページを開きます。

「投稿」→「投稿一覧」

次に、「編集」をクリックし、記事の編集ページを開きます。

「記事一覧」→「編集」

編集ページの右側の設定メニュー「文章」タブを表示し、「パーマリンク」を開いて「URL スラッグ」の項目から設定できます。

「パーマリンク」→「URL スラッグ」

まとめ

WordPressのスラッグについて解説しました。

スラッグの設定は、記事編集ページから簡単に行えます。

スラッグは、絶対に設定するべき項目ではありませんが、SEO的にも設定しておいた方が良い部分もありますので、余裕があれば設定してみるのも良いかと思います。

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA