記事を書く度に毎回行なっている作業がある場合、自動化させて作業効率をアップさせてみましょう。

ショートコードを利用すれば、PHPを使った処理を実行することができます。

今回は、ショートコードで利用すると便利だなと思うものをご紹介したいと思います。

目次

これは僕のお話なのですが、以前までは記事に目次を表示させる際に毎回HTML文を記述していました。

HTMLを記述すること自体手間が掛かりますし、記事の見出しに対してリンク先の属性値を設定していかなければなりません。

また、手入力によるミスによって、目次の項目と見出しのタイトルが一致していないことや、目次の項目からリンク先に正しく移動しないということも起こりうります。

ショートコードを利用して目次を自動的に作成して表示できれば、上記のような手間やミスが無くなるので効率が上がります。

ブログカード

記事に貼ってあるリンクの表示をブログカードとして表示させたい場合、HTMLで記述して行う必要があります。

その場合、ショートコードを利用してブログカードを表示させる方法が効率的で良いかと思います。

因みにWordPressにはEmbed機能というものがあり、WordPressで作成された記事のURLをコピーしてWordPressの記事内に貼り付けると、ブログカードが自動で表示されるようになります。

もしよければ、こちらの機能を利用しても良いかと思います。

プロフィール情報

もし、記事内にプロフィール情報を載せたい場合などには、ショートコードを利用して表示させるのも手です。

まとめ

WordPressのショートコードの事例についてご紹介しました。

ショートコードを上手く利用すれば、作業効率がぐんと上がります。

普段WordPressで記事を作成する中で作業効率が図れそうだなと感じたことは、ショートコードに置き換えられるかを考えてみるのも良いかと思います。

更新日 : 2019年6月20日

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA