Repl.itを導入してみたのは良いけど、実際にコーディングはどうやればできるの?と思われるかもしれません。

今回は、Python言語を使うことを前提としてコーディングする方法をご紹介したいと思います。

Pythonの場合

まずは、Repl.itの公式ページからログインします。

管理ページ上部にある「+new repl」をクリックします。

次に使用したい言語を選択します。

検索バーから「python」と入力します。

すると、検索の候補が表示されるので、表示された「Python」をクリックします。

「Name your repl」に名前を入力し、「Describe your repl」に説明文を入力します。

入力が完了したら「Create Repl」をクリックします。

すると、コーディングするためのページが開きます。

Pythonサンプル | Repl.it

コーディングページの操作方法については、以下のリンクを参考にしてみてください。

pygameの場合

Repl.itでは、pygameに関するコーディングも可能となっています。

先ほどとの違いは、言語選択する際に「Python」ではなく、「Pygame」を選択します。

僕は、間違って「Python」を選択してpygameのコーディングを行なってしまったことがあるのですが、これだとpygameのコーディングをしても上手く動作しませんので注意しましょう。

pygameサンプル | Repl.it

まとめ

Repl.itでPython言語を利用した簡単なコーディング方法をご紹介しました。

Pythonでも実装したいものによっては環境が違ってくるので、言語選択時には間違えないように気をつけましょう。

Repl.itを利用したコーディングは、随時僕のページにてアップしていきたいと思いますので、もしよかったらご覧下さい。

ユーザページ | Repl.it

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA