以前の記事にて、ローカルにサーバーを構築するところまで実施しました。

今回は、WordPressをローカル環境で利用できるように準備を進めていきたいと思います。

WordPressのダウンロード

WordPressのダウンロードページから、WordPress本体をダウンロードします。

「WordPressを入手」をクリックします。

「WordPress ○.○をダウンロード」をクリックすると、ファイルのダウンロードが開始されます。

ダウンロード完了後、ファイルを解凍して下さい。

XAMPPの起動

XAMPPを起動させて利用可能な状態にします。

ドキュメントルートにファイルを配置

先ほど解凍したファイルを、そのままドキュメントルートに配置します。

ドキュメントルートは「htdocs」フォルダ直下でしたね。

設定

データベース側の設定

データベース側にて新たにユーザを作成し、情報を設定していきます。

ブラウザに「http://localhost:8080/pypmyadmin」と入力して、pypMyAdminの管理サイトにアクセスします。

ページ上部の「ユーザアカウント」をクリックします。

「Add user account」をクリックします。

ユーザ情報を入力します。

  • User name : 任意のユーザ名を入力する。
  • Host name : プルダウンメニューから「ローカル」を選択する。自動的に「localhost」と入力される。
  • パスワード : 任意のパスワードを入力する。
  • 再入力 : もう一度パスワードを入力する。
  • 同名のデータベースを作成してすべての特権を与える。 : ユーザ名と同じ名前のデータベースを作成し、このユーザに特権を与える。

「実行」をクリックすると、ユーザの作成が完了します。

以上でデータベース側の設定は完了です。

WordPress側の設定

WordPressを利用できるように、データベースの設定とアカウントの設定を行なっていきます。

ブラウザに「http://localhost:8080/wordpress」と入力して、WordPressの管理サイトにアクセスします。

「さあ、はじめましょう!」をクリックします。

次に、WordPressで使用するデータベースの情報を入力します。

  • データベース名 : 作成したデータベースの名前を入力する。
  • ユーザ名 : 登録したユーザ名を入力する。
  • パスワード : 登録したパスワードを入力する。
  • データベースのホスト名 : 登録したホスト名を入力する。

入力が完了したら「送信」をクリックします。

次に、WordPressのアカウント設定を行います。

  • サイトのタイトル : 任意のサイト名を入力する。
  • ユーザ名 : 任意のユーザ名を入力する(ログインで使用)。
  • パスワード : 任意のパスワードを入力する(ログインで使用)。
  • メールアドレス : このアカウントに紐付けるメールアドレスを入力する。

項目を入力したら「WordPressをインストール」をクリックします。

これでWordPress側の設定は完了しました。

ログイン

「ログイン」をクリックします。

先ほど登録した「ユーザ名」または「メールアドレス」と「パスワード」を入力して「ログイン」をクリックします。

ログインが成功すると、WordPressの管理画面が開きます。

まとめ

WordPressをローカル環境で利用する方法について解説しました。

ローカルのサーバーにWordPressをインストールし、各種設定を行う事でローカルにてWordPressの開発環境を準備することができます。

このままではまだまっさらな状態なので、次の段階ではテーマのカスタマイズの確認テストが行える状態までの環境を準備していきたいと思います。

更新日 : 2019年6月20日

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA