WordPressはサーバーへインストールすることで利用することができます。

インストールする方法は2種類あります。

  • 本家サイトからダウンロードしてサーバーへインストールする
  • エックスサーバー のサーバーパネルからインストールする

前者のやり方は少し手間が掛かる方法なので、最も簡単な後者の方法で解説していきたいと思います。

WordPressとは?

WordPressは世界中でよく利用されているCMSです。

CMSとはコンテンツ管理システムといい、サイトの構築・管理などが簡単に行えるツールです。

HTMLで記述しなくともWebページを作成することができたり、好きなテーマのデザインやレイアウトを設定することができます。

初心者でも簡単にサイトを作ることができるので凄く便利ですよ。

WordPressのインストール

サーバーパネルにログインします。

TOP画面の「WordPress簡単インストール」をクリックします。

WordPressをインストールする対象ドメインの「選択する」をクリックします。

「WordPressインストール」タブをクリックします。

以下の情報を入力します。

「インストールURL」 : インストール対象のドメインを選択します。

「ブログ名」 : ブログのタイトルを入力します。

「ユーザ名」 : WordPress管理画面のログインに利用するユーザ名を入力します。

「パスワード」 : WordPress管理画面のログインに利用するパスワードを入力します。

「メールアドレス」 : サイトで使用するメールアドレスを入力します。

「キャッシュ自動削除」 : 「On」を選択します。これによってWordPressのキャッシュを一定間隔で自動的に削除するようになります。

「データベース」 : 「自動でデータベースを生成する」にチェックを入れます。今回はデータベースは用意していないので新たに作成します。

入力を終えたら「確認画面へ進む」をクリックします。

入力した情報を確認して「インストールする」をクリックします。

インストール完了後、管理サイトのURLが表示されるのでログインページへ移動します。

ログインページで「ユーザID」・「パスワード」を入力して「ログイン」をクリックします。

以上でWordPressが利用できる状態になりました。

まとめ

レンタルサーバー契約やドメインの取得、WordPressによる記事の作成などを行なってきましたが、こんな簡単にサイトを構築できるとは思ってもみなかったです。

以前からネットでWordPressというキーワードが飛び交ってたので少し気になっていました。実際に利用できる環境まで整えられたので、少しだけ流行りに乗れた感じがして良い気分です^^

この先しっかりと記事を書き続けられるように頑張って参ります(ฅ`ω´ฅ)

更新日 : 2019年6月20日

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA