WordPressにアップロードした画像には、画像の内容を説明するためのテキストを設定することができます。

今回は、画像にテキストを設定する意義や設定方法について解説したいと思います。

設定の意義

画像に対してテキストを設定する方法ですが、HTMLではimgタグのalt属性に設定することで可能となります。

WordPressでは「代替テキスト」という項目で設定することができます。

WordPressが記事を生成する際に、「代替テキスト」に設定されている内容を、imgタグのalt属性に設定ように動作します。

代替テキストには、画像について分かりやすく説明した内容を設定します。

記事ページを開いた際に、画像が読み込まれなかった場合、代わりに設定したテキストが表示されるようになります。

そうすることで、どういった画像が表示されていたのかがユーザに理解されやすくなるので、ユーザビリティの向上に繋がります。

あと適切に設定することで、Googleに評価されることにも繋がる可能性が出てきます。

設定方法

WordPressの管理ページ左側メニューの「メディア」→「ライブラリ」をクリックし、アップロードされている画像一覧ページを表示します。

「メディア」→「ライブラリ」

設定対象の画像をクリックすると、設定ウィンドウが表示されます。

ウィンドウ右側の「代替テキスト」に画像の説明を設定します。

画像設定ウィンドウの「代替テキスト」

入力が完了したら、「代替テキスト」のフォーカスを外す(例えば、代替テキスト以外の部分をクリックしてみる)と自動的に設定が保存されます。

まとめ

WordPressにアップロードした画像に対してテキストを設定する意義や設定方法について解説しました。

画像に対してテキストを設定することで、ユーザビリティも増しますし、SEO的にも効果的です。

画像にテキストを設定するのは必須ではありませんが、余力があれば設定してみるのも良いかと思います。

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA