WordPressにはショートコードという機能があります。

今回は、このショートコードについて解説したいと思います。

ショートコードとは

このショートコードを記事の中に埋め込むことで、ショートコードが発火点となりPHPの処理を実行することができます。

ショートコードを利用する際は、ショートコード名を[](ブラケット)で挟み記述します。

[hoge]

ショートコードで行う処理の実装は、functions.phpファイルに記述します。

引数なし

functions.php

function func1() {
  return “こんにちは”;
}
add_shortcode(“test1”, “func1”);

ショートコードの名前と処理を関連付けるために、add_shortcode関数を実行します。第一引数名はショートコード名、第二引数は処理を行う関数名を記述します。

なのでこの場合は、func()関数の中にショートコードを使った時に処理したい内容を記述します。

実際に記事にショートコードを埋め込む際は、以下のように記述します。

[test1]

実行結果は以下のようになるかと思います。

こんにちは

引数あり

functions.php

function func2($aaa) {
  extract(shortcode_atts(array(
    “val1” => 0,
    “val2” => 0
  ), $aaa));
  return $val1 + $val2;
}
add_shortcode(“test2”, “func2”);

こちらは、引数を2つとる場合の実装方法となります。

「“val1” => 0」となっている箇所は、左側が引数名、右側が値を指定しなかった場合のデフォルト値となります。

[test2 val1=100 val2=200]

実行結果は以下のようになるかと思います。

300

囲み式

functions.php

function func($content = null) {
  return $content . “ world!”;
}
add_shortcode(“test3”, “func”);

HTMLのタグのようなイメージに近いですが、ショートコードで囲んだ内容のものを処理対象とすることが可能です。

[test3]Hello[/test3]

実行結果は以下のようになるかと思います。

Hello world!

まとめ

WordPressのショートコードの使い方について解説しました。

ショートコードを利用することで、面倒だった作業も工夫次第で楽にすることができます。

良いアイデアが浮かんだら実装してみるのも良いかもしれません。

更新日 : 2019年6月20日

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA