サイトマップには、HTMLとXMLの2種類存在しますが、今回はXMLのサイトマップについてのお話となります。

本来は、サイトマップの作成や更新を手作業で行わなければならず、とても手間がかかります。

しかし、専用のプラグインを利用することで、手作業だった部分を自動化させることができます。

今回は、サイトマップ利用時に必要な作業の自動化を行なってくれるプラグイン「Google XML Sitemaps」について解説したいと思います。

プラグインのインストール

まずは、プラグイン「Google XML Sitemaps」をインストールします。

管理ページの左側メニューの「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

検索フォームから「Google XML Sitemaps」と入力し、検索ボタンをクリックしてプラグインの検索をします。

すると、プラグイン「Google XML Sitemaps」が表示されるので、「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが完了したら、「有効化」をクリックしプラグインを有効にします。

プラグインの設定

管理ページの左側メニューの「設定」→「XML-Sitemap」をクリックして、設定ページを開きます。

開いたページ内の項目を設定していきます。

設定が終わったら、ページ下部の「設定を更新」をクリックすることで設定が適用されるので、忘れずに行うようにしましょう。

少し設定項目が多いかと思いますが、設定をいじらない項目も多いので安心していただいて大丈夫かと思います。

基本的な設定

基本はデフォルトのままでOKです。

「通知を更新」という項目には3つの項目があります。

1つ目の項目は記事の投稿・更新時にGoogleに通知、2つ目の項目はBingに通知する設定です。

3つ目の項目は、サイトマップのURLをrobots.txtファイルに追記して、クローラーに伝えるための設定です。

Additional Pages

こちらは、サイトマップに追加したいページを手動で設定することができます。

こちらも、基本的には触らなくてもよい項目となります。

投稿の優先順位

すべての投稿に設定した優先順位を持たせるようにしたいので、デフォルトの「優先順位を自動的に計算しない」を選択します。

優先順位の設定は、後に出てくる設定項目で行います。

Sitemap コンテンツ

サイトマップに含めさせたいページを選択します。

基本はデフォルトのままでも良いですが、僕の場合は上記のように設定しています。

Excluded Items

サイトマップに含めさせたくないカテゴリーや記事があれば設定を行います。

とくに何もなければそのままで良いかと思います。

Change Frequencies

更新頻度を設定します。

ご自身の更新頻度に合わせて設定してみると良いかと思います。

ただし、この項目で設定した通りにクローラーがきっちり訪問するわけではなく、あくまでも参考とするだけのようです。

優先順位の設定 (priority)

各コンテンツに重要度を割り振ることができます。

投稿記事などは最も重要であるはずなので、重要度を高めに設定しています。

Googleサーチコンソール側の設定

サイトマップは作成されましたが、Googleにサイトマップの場所がどこにあるのかを伝える必要があります。

サイトマップの場所を伝えるには、Googleサーチコンソールから行う必要があります。

管理ページの左側メニューの「サイトマップ」をクリックします。

このページで、サイトマップの場所(URL)を入力し、「送信」をクリックします。

問題がなければ、これでGoogleにサイトマップの場所を伝えることができました。

記事の投稿・更新

あとは、いつも通り記事の投稿や更新を行います。

投稿・更新を行なったら、実際にサイトマップが自動的に更新されGoogleに通知されているか確認してみたいと思います。

先ほどプラグインの設定を行なったページを開きます。

ページ上部にはメッセージが表示されており、サイトマップの更新・通知が行われていることが分かります。

まとめ

WordPressの「Google XML Sitemaps」プラグインについて解説しました。

プラグインを導入することで、記事の投稿・更新時にサイトマップが自動更新され、Googleにも自動通知されるようになります。

これらの作業は手作業では手間が掛かるので、是非プラグインを活用してみてください。

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA