WordPressを始めたばかりの方はもしかしたら知らない情報かもしれませんが、WordPressで使用しているユーザ名が表示されてしまう方法があるみたいです。

ただ、このユーザ名を非表示させる方法はしっかりとありますので今回ご紹介したいと思います。

表示方法

そのユーザ名を表示する方法をご紹介します(悪用は厳禁です。あくまでも自分の運営しているWordPressサイトでご確認下さい)。

WordPressで作成されたサイトのURLの末尾に「/?author=1」を入力してアクセスします。

(サイトURL)/?author=1

すると、リダイレクトで投稿者アーカイブページが開かれます。

特に対策を行っていなければ、移動先ページのURLの末尾にユーザ名が表示されてしまっているはずです。

(サイトURL)/author/(ユーザ名)/

そもそも何でこのようなユーザ名が表示できてしまう仕様になっているのでしょうかね…

プラグインのインストール

ユーザ名を非表示にする方法はいくつかあるみたいなのですが、今回はプラグインを利用した方法をご紹介します。

「Edit Author Slug」というプラグインを利用すれば、ユーザ名を任意の文字列に変換することができます。

WordPress管理ページ左側メニューの「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

「Edit Author Slug」を検索してプラグインをインストールします。

インストール完了後、有効化します。

プラグインの設定

管理ページ左側メニューの「ユーザー」→「あなたのプロフィール」をクリックします。

「Edit Author Slug」の「投稿者スラッグ」で変換させる名前を選択します。

又は任意の文字列を表示させたい場合は「カスタム設定」を選択し、続けて文字列を入力します。

最後に「プロフィールを更新」をクリックすると設定されます。

結果

プラグインの設定後、再度URLの末尾に「/?author=1」を入力してページにアクセスしてみます。

すると、ユーザ名の部分が先ほど設定した文字列として代わりに表示されているかと思います。

(サイトURL)/author/(設定した文字列)

これで実際のユーザ名が表示されなくなりましたね。

まとめ

今回は、WordPressで使用しているユーザ名が表示されてしまう対策の方法をご紹介しました。

  • WordPressプラグイン「Edit Author Slug」をインストールする。
  • プラグインで代わりに表示させたい文字列を設定する。

これでユーザ名がバレてしまうのを防ぐことができますので、ユーザ名を公開させたくないと思う方は是非対策を行っておきましょう。

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA