前回の記事でサーバーの導入は完了しました。次に必要な手順としてドメインの取得を行う必要があります。

今回はドメインの取得の方法を紹介します。

ドメインとは?

ネットワーク用語でよく聞くドメインとは一体何なのでしょうか?

簡単に言うとカテゴリみたいなものです。URLはよく「住所」と言われていますが、この住所をさらに特定するために使用されています。

サイトのURLの末尾に「〜.com」や「〜.jp」が表記されているかと思いますが、これらをドメインと言います。

ドメインとURLは結構混同しやすいです。「ドメインの取得」と言うと、一般的にはサイトのアドレスを取得することを意味します。

さらにドメインは色んな種類がありますが、何を選べば良いのでしょうか?

サイトへの影響は特にありませんが、それぞれのドメインには多少なりとも意味はあるようです。

なので、できればサイトの内容に合ったものを選ぶのが無難かと思います。

ドメインの取得

ドメインの取得ができるサイトは「お名前.com」が有名ですかね。

今回はこちらでドメインの取得を行っていきます。

アドレスを決める

検索フォームに、サイトに設定する希望のアドレス(ドメインも含めて)を入力します。そして「検索」をクリックします。

すると取得可能かどうかの結果が表示されます。取得できないアドレスは既に他の方が取得されていることになります。

その場合、別のドメインに変更するのであれば変更可能のドメインにチェックを入れるか、別のアドレスに変更して再度検索します。

よければ「料金確認へ進む」をクリックします。

申込み内容を決める

次に、申込み内容の設定を行います。

ドメインの登録年数を変更する場合は「登録年数」をクリックして選択します。

今回「Whois情報公開代行」というオプションが無料で含まれています。ドメインに紐付いている個人情報は公開することが義務付けられており、誰でも参照できる状態となっています。

それを、代わりにドメイン管理会社の情報を提示してくれるオプションとなります。

もし、オプションの「Whois情報公開代行」が含まれていない場合は忘れずに付けていただくことを強くオススメします。

他に選択できるオプションとして「Whois情報公開代行(メール転送付き)」・「ドメインプロテクション」の2つを選択できます。

「Whois情報公開代行(メール転送付き)」とは、他の方が自分のドメインが欲しくて交渉するためにメールを送りますが、基本的にオプションの「Whois情報公開代行」を利用しているため、メールは代行を行なっている会社へと送られてしまいます。

そのメールを自分宛てに送られるよう設定することができるサービスです。これによってドメインの売買の機会損失がなくなります。

「ドメインプロテクション」とは、第三者に不正アクセスされた場合の対策として設定変更を制限させる機能です。

例えば、設定や手続きなどの操作をした場合にメールでの認証を通して実行することができます。

オプションを付けたい場合はそれぞれチェックを入れて下さい。

今回は初めての利用なので、「メールアドレス」・「パスワード」を入力して「次へ」をクリックします。

会員情報の登録

会員情報の入力を行います。「必須」が表示されている項目の入力を終えたら「次へ」をクリックします。

お支払い方法の選択を行い、情報を入力します。次へ進む前にもう一度改めてドメイン名を確認してから「申込む」をクリックしましょう。

これでドメインの取得は完了となります。

まとめ

次にサーバーとの関連付けを行う作業が必要になります。

次回はそれについての手続きを紹介したいと思います。

更新日 : 2019年6月20日

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA