最近WordPressのテーマをカスタマイズする方法についてネットで調べていました。

WordPress上ではカスタマイズできる範囲は限られているみたいなので、細かい調整をするにはWordPress関連のファイルを直接編集することになりそうです。

ところが、WordPress関連のファイルはサーバにインストールされているので、通常は直接ファイルを編集することはできません。

なので、サーバに置かれているファイルを編集するためにFTPクライアントソフトを使用する必要があります。

今回は、FTPクライアントソフトの導入について触れたいと思います。

FTPクライアントソフトを使用する

FTPクライアントソフトとは、サーバに置かれているファイルをダウンロードしたり手元にあるファイルをアップロードするためのツールです。

FTPクライアントソフトは沢山ありますが、今回は僕も使用している「FileZilla」というソフトを紹介します。

FileZillaのダウンロード

まずは、FileZillaの公式サイトに進みます。

そして「Download FileZilla Client」をクリックします。

次の画面でも「Download FileZilla Client」をクリックします。

製品版・無料版のどちらをダウンロードをするか選択する画面が表示されますが、今回は無料版のダウンロードを行います。

「Download」をクリックするとダウンロードが開始されます。

FileZillaのインストール

ダウンロードしたファイルを実行します。

利用規約を読み「Agree」をクリックします。

アプリケーションを起動し、「続行」をクリックします。

別のソフトのインストールを促す広告等が表示されますが、不要な場合は「スキップ」をクリックしていきます。

その後インストールが開始されます。

インストール完了後「終了」をクリックします。

自動で「FileZilla」が起動します。

こちらが起動時の画面になります。

画面左側にパソコン内のディレクトリが表示されているはずです。

サーバーへの接続設定

画面上部にある「サイトマネージャ」ボタンをクリックします。

「新しいサイト」をクリックすると新規のエントリが作成されます。

名前は変更可能なので分かりやすい名前に変更しておきましょう。

次にエントリの設定を行います。

「ホスト」「ユーザ」「パスワード」には、レンタルサーバの契約時に受信したメールに記載されているものを入力します。

全ての入力が完了したら「接続」をクリックします。

「OK」をクリックします。

これでサーバ内のディレクトリが表示されるようになりました。

アップロード・ダウンロード方法

ファイルのアップロード方法は、対象のファイル(左側)を転送したいフォルダ(右側)にドラッグアンドドロップするだけです。

反対にファイルのダウンロード方法は、対象のファイル(右側)を保存したいフォルダ(左側)にドラッグアンドドロップするだけです。

すごく簡単ですね!

以上でファイル転送の準備が整いました。

まとめ

WordPressのファイル編集の方法について解説しました。

ファイル編集には、FTPクライアントソフト(FileZillaなど)を利用して簡単に行うことができます。

次回は、テーマのカスタマイズを行う方法について調査していきたいと思います。

更新日 : 2019年6月20日

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA