今回は、サイトマップの作成方法からGoogleに通知するまでの手順を解説したいと思います。

サイトマップをGoogleに通知することは、SEO対策にも繋がってきます。

ここで紹介する作業が面倒だなと思った場合、プラグインを利用すれば作業の自動化も図れるのでおすすめです。

サイトマップの作成

サイトマップを作成する場合、基本はサイトマップを自動生成するツールを利用します。

サイトマップを手作業で作成する場合、サイトマップの記述方法を知っていないと書けませんし、労力も消費してしまうからです。

自動生成ツールを利用すれば、簡単な操作だけでサイトマップファイルを出力することができます。

今回は「sitemap.xml Editor」というツールを利用してみます。

こちらは、サイトマップを自動生成するためのWebサイトとなります。

必要な項目を入力するだけでサイトマップが作成され、出来上がったファイルをダウンロードすることができます。

このサービスは無料で利用できます。

ページを開くと、デフォルトで「PCサイトマップ」タブが選択された状態で表示されるかと思います。

こちらの画面の項目を設定していきます。

サイトURLの入力

サイトマップを作成する対象のサイトのURLを入力します。

最終更新日

サイトの最終更新日の取得を行います。

「する」を選択することで、自動的に最終更新日を取得します。

サイトの更新頻度

サイトの更新頻度を選択します。

実際にサイトの更新を行なっている頻度に合わせて設定するようにしましょう。

優先度

優先度の設定を行います。

「する」を選択することで、自動的に優先度を割り振ってくれるようになります。

除外ディレクトリ

サイトマップに含めたくないディレクトリを指定します。

基本は設定しなくても良いかと思います。

同一タイトルURLの除外

同じタイトルの記事などがあった場合、サイトマップに含めないようにすることができます。

こちらも基本は「しない」を選択すれば良いかと思いますが、状況に合わせて設定するようにしましょう。

作成・ダウンロード

全ての項目の設定が完了したら、ページ下部の「サイトマップ作成」をクリックすると、サイトマップが作成されます。

サイトマップの作成が完了したら、ページが移ります。

そして、そのページの「sitemap.xml」のリンクをクリックすると、サイトマップファイルのダウンロードが開始します。

サイトマップファイルの設置

サイトマップファイルをGoogleへ通知するためには、サイトマップファイルをサーバーへ設置しなければいけません。

ファイルをサーバーのディレクトリに設置する方法は、FTPコマンドやFTPクライアントなどを利用して設置します。

Googleへ通知

サイトマップファイルをサーバーへ設置したら、今度はGoogleへサイトマップファイルがどこに設置されているかを通知しなければなりません。

これは、Googleサーチコンソールで設定を行います。

こちらのリンクに設定方法が記載されていますので参考にしてみてください。

サイトマップファイルは、サイトのディレクトリのトップ階層に設置します。

まとめ

サイトマップの作成から登録までの方法について解説しました。

サイトマップは手作業で記述するのではなく、自動生成ツールを利用すると手間が省けます。

そして、作成したサイトマップファイルをサーバーに配置し、Googleにファイルの場所を伝えてあげればOKです。

ただ、これらの作業を自動化させるプラグインがあり、こちらを利用した方が便利なことが多いかと思いますので利用してみてはいかがでしょうか。

更新日 : 2019年7月3日

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA