ブログ記事の内容を書いている際中に頭の中が整理しきれていないと手が止まってしまったり、もう一度調査してしまったりするというようなことが多発して、記事を書く時間が長引いてしまい疲れが溜まってきます。

その結果、ブログ記事に対するモチベーションも低下してしまいます。

そうならないためにも、記事の内容をある程度は整理しておいた方が効率的です。

今回は、僕がブログ記事の作成時に活用しているマインドマップの活用方法についてお話したいと思います。

マインドマップとは

マインドマップとは、頭の中のごちゃごちゃを上手く整理・まとめたものを視覚的に分かりやすくするためのツールです。

ブレインストーミングというツールと組み合わせて活用すると効果的です。

ブレインストーミングとは

ブレインストーミング(ブレストと略されることもある)とは、主題に対して自由にアイデアを出し合い、それらを整理していきアイデアを創出するためのツールです。

具体例

これらのツールを利用することで、ブログ記事の内容をある程度確立させることができます。

そうすることで、ブログ記事を書く作業が捗ります。

仕事の工程などに例えると、企画や設計などに当てはまりますかね。

参考に、僕が実際に行なっている作業工程ですが以下の通りとなります。

媒体

マインドマップを記述するための媒体は、アナログではなくXMindなどのPCソフトで作成できる媒体を選んだ方が良いかと思います。

アナログの良さもありますが、PCの方がマインドマップの作成・編集作業が簡単に行えます。

効率のことを考えるなら断然PCでの作業の方が良いでしょう。

もちろん、PCがない環境であればアナログで作成するのも手です。

主題を決める

マインドマップの中心に主題となるキーワードを記述します。

洗い出し

主題に対して関連するワードを思いつく限り出していきます。

その際に子トピックとして追加していきます。

グルーピングする

関連するワードをグルーピングしていきます。

その際に、記事の見出しも一緒に考えます。

ブログ執筆

出来上がったマインドマップを頼りに記事を執筆します。

まとめ

マインドマップの活用方法についてお話しました。

ブログ記事の内容をある程度確立させるために、マインドマップとブレインストーミングを組み合わせて活用します。

ブログ記事が中々まとまらずに困っている場合は、今回紹介した活用方法を試してみてはいかがでしょうか。

更新日 : 2019年6月20日

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA