ブログの記事を沢山書かれている方は、記事の作成に慣れているかと思いますが、ブログを始めたばかりの人や文章を書くのが苦手な人は、記事をどう書けば良いのか分からなかったりするかと思われます。

そのような方を対象に、実際に僕が記事を書く際に行っていることなどをご紹介したいと思います。参考になれば幸いです。

準備

記事のネタ収集

まずは、記事の内容となるネタを用意しなければなりません。

普段の生活の中で意識して、記事のネタになりそうなものはすぐメモを取る癖をつけましょう。

そのためにも、いつでもメモが取れるよう常にメモ帳とペンを持ち歩くのがオススメです。

僕の場合ですが、ブログを始めたばかりということもありブログに関する知識は殆ど持っていない状態でした。

なので、ネットで調査した情報や自分が実際に試してみたやり方などをメモしておいて、あとでブログの記事として書き起こそうといった感じで記事のネタにしています。

マインドマップ作成

記事作成の工程で少しでも負担を減らすために、事前にマインドマップを作成しておきます。

マインドマップを利用することで、キーワードやアイデアなどを整理することができるので、記事を書く参考にすることができます。

素材の用意

ブログ記事はテキストだけではなく、画像も表示させることができるので必要に応じて画像を差し込みます。

僕の場合は、殆どPCを使用した記事ばかりなので、あらかじめ記事に使用すると思われる画面をスクショで撮っておいてます。

画像加工ツール(Photoshopなど)でスクショした画像に図形を追加して補足を入れたり、解像度を低くして容量を小さくしたりしています。

記事の作成

ネタを元に記事へと書き起こしていきます。

記事の構成

僕が記事を書く際に考えている構成としては、

  1. 導入部
  2. 本文
  3. まとめ

という流れを意識して書いています。

1. 導入部

本文に入る前の導入部分となります。

「こういった悩みありますよね〜」とか、「こういった経緯で記事を書くにあたりました〜」といった、本文にすんなり入れるような文章を心掛けて入れています。

2. 本文

導入部から、さらに具体的な内容を入れていきます。

3. まとめ

まとめの部分で、もう一度伝えたかった内容を伝えます。

読者さんが何のために記事を読んでいたのか本文を読んでいるうちに忘れてしまっている可能性があるので、思い出させるために必要だったりします。

記事を書くためのツール

記事を作成する場合、WordPressに記事を直接書き込んでも良いかと思いますが、編集のしやすさではテキストエディタの方が個人的に勝っているのではないかなと思っています。

テキストエディタはお好みのもので良いかと思いますが、僕のオススメはWordです。

作成した記事をWordPressの記事として落とし込む際にコピペだけで見出しや画像もそのまま反映されるのでとても便利です。

記事の投稿

Wordで記事を作成していれば、コピペで手間要らずなので便利です。ただ、目次だけはHTMLエディタを使用して手作業で編集していますね…orz

記事ができたら、プレビューで軽く記事を読んでみて文章などに違和感があれば手直しして再度プレビューと繰り返します。違和感がなくなったら投稿します。

まとめ

ブログ記事の書き方についてご紹介しました。

あくまでも僕のやり方ですので、人それぞれ合う合わないがあるかと思います。

他の方のやり方も参考にして、良いと思った部分は取り入れていき、自分のやりやすい方法をどんどん試行錯誤していくと良いのではないでしょうか。

更新日 : 2019年6月15日

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA