Googleサーチコンソールを導入してみたけど、いまいち使い方が分からない、どのデータを見れば良いのか分からない、データをどう分析すれば良いのか分からないなど思うところはあるかと思います。

このように、Googleサーチコンソールを導入して間もない方を対象に最低限見ておくと良いかと思われるデータを解説したいと思います。

検索パフォーマンス

管理ページの左側メニューの「検索パフォーマンス」をクリックします。

すると、色んなデータを閲覧できるページが表示されます。

グラフ

ページ上部には、4つのデータとそれに基づいた折れ線グラフが表示されてます。

デフォルトでは「合計クリック数」と「合計表示回数」がグラフに表示されています。

各項目をクリックすることで、グラフ表示のON・OFFの切り替えができます。

クリック数

こちらのデータは、検索エンジンで表示された結果の中から分析対象のサイトの記事がクリックされた数が表示されています。

このデータで、どれだけ検索エンジンからアクセスされてきたかが分かります。

表示回数

検索エンジンの検索結果で分析対象のサイトの記事が表示された回数です。

なので、「クリック数」が「表示回数」よりも大きくなることはありません。

このデータで、どれだけ検索エンジンによる検索結果で表示されてきたかが分かります。

CTR

クリック率(Click Through Rate)と言い、表示回数に対してクリック数の割合が表示されます。

なので、以下の計算で割り出すことができます。

クリック数 ÷ 表示回数 × 100

このデータで、検索結果に対してどれだけクリックされるのかが分かります。

掲載順位

検索エンジンによる分析対象のサイトの記事が掲載された順位の平均を示します。

この数値が小さい程、検索順位の上位に表示されているということになります。

その他の情報

上記以外で見ておきたいデータを紹介します。

クエリタブ

「クエリ」タブをクリックすると、検索キーワード毎のデータが表示されるようになります。

ユーザがどのようなキーワードで検索してアクセスしたのかなどの情報が分かります。

ページタブ

「ページ」タブをクリックすると、サイト内のページ毎のデータが表示されるようになります。

記事毎のアクセス数が分かります。

どの記事がアクセスが多いのかなどを見たい場合に便利です。

まとめ

Googleサーチコンソールで最低限見ておくべきデータについて解説しました。

今回ご紹介したデータや、自分で「これは分析に重要なデータだな」と思ったものを毎日見てみる習慣をつけていくと良いかと思います。

そして徐々に色んなデータを見ていき分析できるようになりましょう。

更新日 : 2019年6月20日

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA