最近、Googleアナリティクスの管理サイトに以下のような通知が何度か届いてました。

このような通知が届く要因は様々な理由があると言われています。

今回は僕がどのような方法で対処できたかをシェアしていきたいと思います。

トラッキングコードが埋め込まれていなかった

僕の場合凄く単純だったのですが、Googleアナリティクスのトラッキングコードが埋め込まれていなかったため通知が来ていたらしいです(笑)

以前Googleアナリティクスを導入した際にトラッキングコードは埋め込んでいました。

しかし、それ以降にWordPressテーマを変更したいと思って新たに有効化にしたテーマ側にトラッキングコードを埋め込むのを忘れていたからでした。

再度トラッキングコードを埋め込む

新しいテーマにもトラッキングコードを埋め込みたいと思います。

Googleアナリティクスの管理サイトにログインします。

管理画面の左側メニューから「設定」ボタンをクリックします。

次に「トラッキング情報」をクリックし、「トラッキングコード」をクリックします。

「グローバル サイトタグ(gtag.js)」に記述されているコードを全選択しコピーします。

WordPressの管理画面の左側メニューの「外観」→「テーマエディター」をクリックします。

右側の「テーマヘッダー」をクリックします。

コード内にheadタグが定義されている部分を探します。

headタグ内の末尾に、先ほどコピーしたコードを貼り付けます。

「ファイルを更新」をクリックします。

注意点

ただ、少し問題点があります。

なぜなら、テーマに更新がかかると編集していた情報は上書きされてしまうからです。なので、追記したトラッキングコードが消えてしまいます\(^o^)/

子テーマにトラッキングコードを記述できれば、テーマの更新が掛かっても上書きされないのでトラッキングコードが残ったままになるので効率良いです。

ついでにその仕組みも用意しちゃいましょう。

子テーマで良いのか?

残念なことに、親テーマのheader.phpは子テーマで用意したheader.phpの内容で上書きされます。親テーマの更新が掛かっても子テーマの古い情報で上書きされてしまうので、これを何とかしたい!

関数の定義

PHPを利用して、headタグにトラッキングコードを挿入する方法があります。

ここが参考になりました!

関数リファレンス/wp head – WordPress Codex 日本語版

(小テーマの)functions.php

add_action('wp_head', 'function_head');

function function_head() {
  echo "ここにトラッキングコードを挿入";
}

wp-head関数はheadタグ内で呼び出されています。

add_action関数によって、wp-head関数はfunction_head関数にフックされるので、実際にはwp-head関数が呼び出されたらfunction_head関数が実行されるようになります。

echoを使用してHTML文を追記することができるので、echoを利用してトラッキングコードを挿入しています。

Googleアナリティクスに戻って、対象の通知にある「再チェック」をクリックします。

すると「承認待ち」の状態になるのでしばらく待ってみましょう。

僕の場合、これらの対処方法を行ってからは「ヒットがありません」という通知は一度も来なくなりました。

まとめ

Googleアナリティクスの「ヒットがありません」の対処方法についてお話しました。

それと同時に、テーマが更新された際にトラッキングコードが上書きされてしまう問題も対策を打てたので一石二鳥でした。効率の良い仕組みが準備できて良かったです。

更新日 : 2019年6月20日

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA