久しぶりにブログで一昔前の記事を閲覧してみたら、記事内に貼り付けてあったリンクがいつの間にか切れていた、ということがよくありますよね。

リンク切れが表示されたままでは、リンク先を参照できないのでユーザにとって不親切でありますし、リンクが修正されていないのをみるとユーザからしてみればしっかりとサイト運営されていないのかなと思われる可能性もあります。

そうならないためにも、サイト内の記事のリンク切れが存在していないかどうかを確認する必要があります。

ですが、サイト内の記事が増えてくるにつれ、確認しなければならないページも比例して増えてくるので、手作業だと確認する作業が大変になります。

ということで、今回はサイト内にリンク切れが無いか簡単に確認する方法をご紹介したいと思います。

dead-link-checker.com

リンク切れを確認する方法はいくつかありますが、今回は「dead-link-checker.com」というWebサービスを用いて確認してみたいと思います。

TOPページの「URL」に、リンク切れを確認したいサイトのURLを入力し、「チェック」をクリックします。

すると、自動でサイト内の全ページに対してチェックを行います。

サイトの規模などにより時間が掛かる場合がありますが、全てのページのチェックが完了すると、リンク切れ対象のページが表示されます。

実際のエラー箇所のページを確認してみて、リンク切れがあれば対処しましょう。

まとめ

今回は、Webサイト内のリンク切れを簡単に確認する方法をご紹介しました。

  • Webサービス「dead-link-checker.com」を利用する。
  • 確認対象のサイトのURLを入力するだけで自動で確認をしてくれる。

簡単に利用できるので、時間がある時にでも定期的に確認していきましょう。

投稿者: TWEI

趣味はプログラミング。 以前は仕事でプログラミングをやっていました。現在はWebエンジニアを目指して勉強中。 勉強で得た知識などをブログで発信していく予定です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA